上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、この『南相馬にゃんこはうす写真展』に関する会計報告を、終えました。

昨年9月に準備を始め、賛同金を募集し、毎週の各地のイベントでミニ写真展や募金・物販をはじめ、にゃんこはうすからお預かりしたオリジナルグッズや、支援者手作りグッズの販売などもしながら、少しずつ積み重ねていった募金。

そして、写真展プレオープン、写真展の両日でみなさまからお預かりした募金、チャリティーバザーでの売り上げ、そのすべてを集計し、経費の精算と、にゃんこはうすへの振込みを終えました。



にゃんこはうす口座への入金は、にゃんこはうす施設等の維持経費や保護された子達の治療費に使われます。集まった金額のうち、募金箱分全額と、にゃんこはうすからお預かりして販売したグッズ売り上げはすべて、にゃんこはうす口座へ入金しました。

そして、今回の写真展にも参加してくれて、現地のレスキューの現状を話してくれたレスキュー班の人たち・・・彼女達がこれからも、レスキューへ向かえるように・・・レスキューに向かうための口座に、チャリティーバザーの売上金を入金させていただきました。





写真展は終わりましたが、その写真展当日も、そしてよく週末もその次も・・・にゃんこはうすの活動は続いています。




middle_1360630341.jpg
写真展の翌週の3連休に保護されたひらり、痩せた身体には首輪がたすきがけに食い込み、大きな傷を負っていました。

そして、ひらりが保護された同じ頃、にゃんこはうすができた初期から、飼い主さんよりお預かりだった老猫の茶太郎が、虹の橋を渡りました。
43417106.jpg
震災のとき,すでに15歳だった茶太郎・・・最初自宅から近い場所に避難していた飼い主さんは,毎日茶太郎にご飯を運んでいたそうです。

その後、自宅は立ち入り禁止区域になり、その直前に車に自分から乗ってきた茶太郎を,避難先に連れ帰ったものの、避難先アパートでは室内に入れることはできず、それから5ヶ月も縁の下につないで飼われていたそうです。


その後、茶太郎はにゃんこはうすへ預かりっことしてやってきました。




2013年2月・・・17歳になった茶太郎・・・亡くなる一日前に、ようやく飼い主さんの元へ帰りました。

最後の一日・・・一晩だけ、飼い主さんと一緒に寝ることができた茶太郎・・・



天国へ旅立った茶太郎・・・飼い主さんの気持ち・・・ずっと茶太郎を見守って来たにゃんこはうすのみんなの気持ち・・・・どんなに苦しかったことでしょう・・・




私事ですが、同じ頃私は自分の白血病の愛猫を天国に送りました。
愛猫を看取る権利・・・その大切な大切な時間さえ,突然の震災とその後の国から置き去りにされた時間で、奪われ苦しむ人々がいることを、わたしたちは忘れてはいけないと、強く想います・・・






そんな悲しみに浸る間もなく、にゃんこはうすの日常は,少しの気を抜く間もなく、保護っ子の面会,トライアル、そして新しい保護、病院受診も続きます。
2013021223203119a.jpg



皆様からの賛同金で運営した写真展は、無事終了しましたが、私たちはこれからも、にゃんこはうすレスキュー班からの情報を通じて、被災地の現状を伝えていきたいと想います。


いくつかの会場や賛同者の方のお店などで、今後もミニパネル展示や物販を続けていきますし、ショッピングカートでは、にゃんこはうすオリジナルグッズほか、支援グッズ販売も続けていきます。

なお、写真展会計処理は終了していますので、今後のショッピングカートは、わたしたちの福岡の地元レスキューARNの支援物資販売もかねる『ARNショッピング』と名前を変更して続けることを、ご了承ください。
売り上げは、にゃんこはうす支援金、レスキュー班支援金、ARN支援金と、きちんと分けて収支報告させていただきますので、よろしくお願いします。



なお、プレオープン,写真展両日程で,皆様からお預かりした大量の感想カードは,現在集計中(MISAさんが)ですので,終わり次第こちらでも発表した後、にゃんこはうすの方へ,お届けします。










By TAMA
TAMAicon









福岡:南相馬にゃんこはうす写真展の最終の会計報告です。

12月末の分まではにゃんこはうすグッズの分も合わせていましたが、
わかりにくいため、分けて報告させていただきます。

まず
写真展自体の報告です。
プレオープンの分もイオンの分も一緒になってます。
写真展収支

にゃんこはうすグッズ
にゃんこはうすグッズ

プチポンもりおかカレンダー
プチポンカレンダー

にゃんこはうすグッズとプチポンさんの分は、仕入費が掛ったわけではないので
総額をそのまま各口座に送金いたしました。

皆様からお預かりした募金・寄付金は、写真展の余剰金と共に
にゃんこはうす口座とにゃんこはうすレスキュー班の口座に分けて
送金いたしまいた。


皆様のおかげで写真展を開催する事が出来ました。
本当にありがとうございました。

Shoppingカートでのにゃんこはうすグッズの販売は
これからも続けて行きます。

今後とも、にゃんこはうすへのご支援をよろしくお願いいたします。


錆川さんbyみゑ
まだまだ続きます。
本当に沢山の方たちにご協力いただいて開催出来た
写真展とチャリティーバザーだったと思います。

お名前にリンクが張ってありますので、ブログやHPを訪ねてみられてください。

『カフェ・ド・バーグマン』
バーグマン
 福岡市東区松崎にある、自家製燻製のパスタとくだもの紅茶のカフェ
 バーグマンさんに猫クッキーを作って頂きました。
 大変好評で流木人の2日目早々には完売!
 可愛い上にとっても美味しいクッキーだったそうです…
 だって私買い損ねたんです。(T_T)


『福山小夜』
福山小夜
 保護仲間の昔からのご友人というご縁で、にゃんこはうすの猫たちを
 色紙に書いてご支援下さいました。
 本当だったらとても手が出るお値段ではないのですが、
 チャリティーという事でのご提供、本当にありがとうございました。
 中の何匹かはにゃんこはうすに行きました。
 福山さんは蓼科に、アトリエを併設したショップ&ギャラリー
 を「VENUS FACTORY 厩」をオープンしておられます。

『毬屋雷蔵堂』
毬屋雷蔵堂
 しゃ…写真が…ないっ!と思っていたら見つけました。(写真を後で追加)
 こちらに記事がupされてます。毬屋雷蔵堂
 毬屋雷蔵堂様、遠くからなのですが、実は2日のイオンに来て下さいました。
 猫ベッドを持って…。
 遠くから本当にありがとうございました。
 毬屋雷蔵堂さんのベッドを買うためにずっと待ってらっしゃった方が
 おられましたね。すぐに気に入ったのを買って行かれたので
 ベッドが全部揃った写真はありません。

『姫丸美雨』
姫丸
 プレオープンの時は猫ベッドとキャットキッカーのセットを、
 本写真展ではそれに加えて猫ぐるみや猫おもちゃを支援していただきました。
 キティちゃん柄のベッドにキティラーの皆さんはそそられていたようです。

『ぽんきーぷりん』
ぽんきーぷりん
 プレオープン・本写真展2回にわたって
 ポップな柄のキャットキッカーをご支援いただきました。
 なかなかないですこんな柄のキッカー。
 ま、猫には柄は関係ないでしょうけど、飼い主の方は楽しめます。
 だって可愛いんですもの~

『びんごん』
びんごん
 岡山の写真展の時にもご支援下さったびんごんさん
 今回も遠く広島からご支援をお寄せ下さいました。
 トールペイントの作品や、イオンではにゃんこはうすの猫グッズも。
 分かる人にしか分からないコアな商品に感動でした。
 猫雛も可愛かったです。

『Nahiki』
Nahiki
 可愛い猫のボタンが付いた
 サニタリーケースをご支援していただきました。
 最初写真で見た時は「なんだろうこれ?」「カードケース?」
 と皆で疑問に思ってましたが、
 手にとってみたら「あー良いね~これ」って。
 でも何を入れても良いと思います。

『桐子庵』
桐子庵
 福島で暮らしたこともある桐子庵さんは、プレオープンにも来て下さって、
 熱い想いと一緒に、素敵な作品を持ってきてくださいました。
 猫ベッドの他にも一見チョコレートのようなおもちゃとか…。
 桐子庵さんの作品は楽天オークションで販売中です。

『N』
写真展 029
 この小さい方のにゃんもっくがNさんの作品です。
 色んな色があって選ぶのも楽しめました。
 買って帰ったご家庭で、猫ちゃんたちが楽しんでると思います。

『えんのすけ』
えんのすけ
 この可愛い「にゃん銃士」を作ってくれたのが
 流木人のえんのすけさんです。
 それもプレオープンが始まってからお店の仕事をしながらコツコツと…
 プレオープンの間に1体だけ売ってしまいましたが、
 実は記念に後2体はとってあります。



そして…
『工房 流木人』
流木人
 プレオープンで大変お世話になった上
 ご寄付までいただきました。
 その後、イオンでの本写真展の直前に火事に見舞われ
 現在はお休みしておられます。
 実行委員一同、一日も早い復活をお祈りしております。


錆川さんbyみゑ
プレオープンと本写真展に猫グッズを出品して下さった各お店や作家さんには、
売り上げの中からご寄付をいただいています。

順不同ではありますが、お礼とご報告をさせていただきます。


まずは、直接納入をして下さったお店と作家さんを…

『HookTail』
ホックテール
 小郡で猫グッズの雑貨屋さんをなさっています。
 色んな猫グッズが揃っていますので、是非足をお運びください。
 一度入ったらなかなか帰れません。
 ご自分では木工をなさるので、猫机・猫椅子・シルエットマグネット等
 可愛い小物も沢山あります。
 さとるこさんのグッズも常時置いています。

『さとるこ』
さとるこ
 クリアファイルが超売れ筋でした。
 イオンで一人で十数枚買って行かれた方も…
 (実はその後同じ方が流木人でも数枚ご購入されていたことが判明)
 ご購入の皆さん、数枚ずつ持って行かれましたよ。

『手作り工房 ねこのて』
ねこのて

 準備段階から広報を手伝って下さってたねこのてさん。
 こちらの猫置物も売れ筋商品でした。
 皆さんご自分の飼っている猫に似た子を捜してらっしゃって
 「黒で眼の色が…」とかこだわっておられました。
 『出てる子しか居ません~在庫はありません』と何回断った事か…
 写真展プレオープン限定商品も作っていただきました。
 でも売り上げを貰うのを忘れて帰っては駄目だと思います。

『革工房 Dii』
Dii
 決して猫グッズ専門店ではありません。
 いつも犬猫の譲渡会をやっているギャラリーみかみに出店されてる所を
 実行委員長の小野がスカウトしました。
 本当は大の犬好きさんです。
 写真展独自物資の「にゃんこはうすキーホルダー」をパートナーさんと一緒に
 制作して下さいました。
 Diiさんは、工房に常時居るわけではありませんので、
 メール等で連絡をされてからお出かけになった方が良いと思います。

『昊(こう)』
昊
 Diiさんの工房に商品を受け取りに行ったら、ディスプレイ棚に昊さんの商品も飾っていました。
 綺麗な木目が出たペンダント等に、一緒に行った占部が「これも良いですか~?」と…
 昊さんはDiiさんの工房の若い大家さんです。こちらもダックス飼いさんです。


『羊毛フェルト作家・佐々木伸子』
羊毛フェルト
 羊毛フェルト協会の作家・第一期生の皆さんと共に作品を提供していただきました。
 佐々木さんが作って下さった猫の人形は最初非売品にしていたのですが、
 中国地方からたまたま流木人に来られて一目ぼれした方が、イオンにもまたご来場下さって
 お買い上げになられました。

『たこカフェ ねこのしっぽ』
たこカフェ
 実店舗は春日市にあります。
 流木人では『ねこやき』(猫の焼き印がついた回転焼き)を出して下さいました。
 イオンでは小さな小物とクッキーの販売をしました。
 お店ではこれからも小さなパネルを展示して、にゃんこはうすへのご支援を続けて下さいます。

『PeachChild』
PeachChild
 イオンでは犬も登場。仲間の柴飼いさんが即効Getでした。
 布にアクリル絵の具で描いた絵の小物です。
 一目見たら思わずニッコリしてしまいます。
 委員長の小野が「ごめんこれだけは先に買わせて!」と黒猫ブローチを真っ先にGet!

『【onde】オンド』
Onde
 PeachChildさんの商品が夕方入荷という情報で写真展に現れたondeさん。
 プレオープンの流木人のすぐそばの雑貨屋さんです。
 来られた時にはまだ入荷してなくて、がっかりして写真展の方に行かれたのですが、
 猫神様は見捨ててませんでした。
 写真を見て降りて来られた時に丁度きのこ猫さんたちが到着してました。
 そのご縁でイオンに出店して下さいました。


ご紹介は、まだ続きます。


錆川さんみゑ
150967_370216349743434_1666944061_n.jpg
2013年2月2日~3日、イオンモール福津イオンホールにて、南相馬にゃんこはうす写真展
『救いたい命、待っている命』無事開催、終了いたしました。

2012年9月より、写真展実行委員会を立ち上げ、多くの皆様にご賛同、ご協力いただき、準備期間半年の間、多くの方に支えていただいて、大盛況で終えることができて、本当に感謝しています。

32169_332311610213114_1325959195_n.jpg


CA3F0432_20130204093659.jpg


CA3F0384.jpg


コピー ~ CA3F0401


コピー ~ CA3F0392
写真展示のみではなく、現地で命と向き合うレスキュー班のメンバーさんたちの話を実際に聞いていただくことで,多くのことを知っていただく機会になったと思います。(オレンジのにゃんこはうすTシャツでナビゲーターを務めたのはレスキュー班です)




217574_124403774402048_476951403_n.jpg

CA3F0418.jpg
にゃんこはうすと同行で圏内取材をされたプロカメラマン中川こうじさんの写真も写真集も、多くのメッセージを見る人に伝えてくれました。



64210_369732466458489_1968055312_n.jpg



2962_124403757735383_157694609_n_20130204095128.jpg


準備期間中も随時お伝えしておりましたが、にゃんこはうす支援のための,心の篭ったバザー用品の提供は、開催中まで届き続け、多くの売り上げに繋がりましたので、経費清算後、みなさまの気持ちと共に、にゃんこはうすへ支援金として届けさせていただきます。詳しいご報告は、もうしばらくお待ちくださいませ。

ほんとうにありがとうございました。まずは、心から御礼申し上げます。


          2013年2月4日  
                
               南相馬にゃんこはうす写真展実行委員会発起人一同より






By TAMA
TAMAicon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。