上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
150967_370216349743434_1666944061_n.jpg
2013年2月2日~3日、イオンモール福津イオンホールにて、南相馬にゃんこはうす写真展
『救いたい命、待っている命』無事開催、終了いたしました。

2012年9月より、写真展実行委員会を立ち上げ、多くの皆様にご賛同、ご協力いただき、準備期間半年の間、多くの方に支えていただいて、大盛況で終えることができて、本当に感謝しています。

32169_332311610213114_1325959195_n.jpg


CA3F0432_20130204093659.jpg


CA3F0384.jpg


コピー ~ CA3F0401


コピー ~ CA3F0392
写真展示のみではなく、現地で命と向き合うレスキュー班のメンバーさんたちの話を実際に聞いていただくことで,多くのことを知っていただく機会になったと思います。(オレンジのにゃんこはうすTシャツでナビゲーターを務めたのはレスキュー班です)




217574_124403774402048_476951403_n.jpg

CA3F0418.jpg
にゃんこはうすと同行で圏内取材をされたプロカメラマン中川こうじさんの写真も写真集も、多くのメッセージを見る人に伝えてくれました。



64210_369732466458489_1968055312_n.jpg



2962_124403757735383_157694609_n_20130204095128.jpg


準備期間中も随時お伝えしておりましたが、にゃんこはうす支援のための,心の篭ったバザー用品の提供は、開催中まで届き続け、多くの売り上げに繋がりましたので、経費清算後、みなさまの気持ちと共に、にゃんこはうすへ支援金として届けさせていただきます。詳しいご報告は、もうしばらくお待ちくださいませ。

ほんとうにありがとうございました。まずは、心から御礼申し上げます。


          2013年2月4日  
                
               南相馬にゃんこはうす写真展実行委員会発起人一同より






By TAMA
TAMAicon
スポンサーサイト
トップ

にゃんこはうす写真展
     『救いたい命、待っている命。』


日時:2013年2月2日(土曜日)~3日(日曜日)の2日間
2日(10:00~21:00)3日(10:00~20:00)

   
場所:イオンモール福津
   福岡県福津市793番地
   2階 イオンホール






にゃんこはうす写真展
プレオープン&チャリティーバザー

日時:2013年1月16日(水曜日)~20日(日曜日)の5日間 
(10:00~18:00)

場所:工房 流木人
   福岡県糟屋郡新宮町原上1517-5

   工房 流木人HP



東日本大震災から1年半が経とうとしています。

震災直後より、あまり報道されることもない残された犬や猫の事が気にかかり、
何かできることはないかと模索しておりました。

その時、私の目に飛び込んできたのは、
真冬の福島原発20キロ圏内の雪景色の中に転々と続く、猫の足跡の写真でした。。。。

南相馬の『にゃんこはうす』のブログ。
・・・正確には、にゃんこはうすレスキュー班の1人の天使たちの居場所のふんわかな時間のくぅさんの記事・・・足跡のメッセージ


・・・その写真も、文章も・・・胸を締め付けられ・・・私は今、自分のそばに眠る愛しい猫たち、犬たちを抱き寄せずには居られませんでした。




それから、くぅさんの記事を遡り、くぅさんのブログにリンクされていたにゃんこはうす公式ブログと、にゃんこはうすの代表者ありこさんのブログねこさま王国の記事を遡って読み漁りました。

そしてわかったことは、にゃんこはうすレスキュー班がとても少人数だということや、20キロ圏内に給餌や保護に向かう人々は、週末に仕事が終わったら東京駅で集合して、車で福島へ向かいながらレスキューの段取りの打ち合わせや情報交換をする、日頃は遠方で猫の保護〜譲渡の活動をしている私たちと同じ普通の女性たちだということでした。

そして、日々ブログを追うごとに、真摯に命と向き合い続ける彼女たちの記録と記憶を、もっと多くの人に見てほしい、知ってほしいという願いが強くなりました。


7月に、にゃんこはうすの猫たちの縁結びも数多くされている岡山県のちゃんた&ゆかいな仲間たち~わんにゃん組さんが、写真展を開催されたので、新幹線に乗って岡山まで行ってまいりました。岡山まで行くお金があれば、その分支援すれば・・・とも思いながら行ったのですが、本当に行ってよかったです。

ここ九州では、被災地の今の現状など、まったく放映されることも無く、ましてや警戒区域内が今どうなっているかなんて、知る手段さえありません。
そこに、今もたくさんの動物たちが・・・震災の前日までは家族と一緒に眠り、餌をもらい、散歩にも行っていた子達が必死で生き続けていることを。
あの日すぐに帰れるから・・・といわれ、置いてきてしまったまま逢えない犬や猫を、必死で探し続けている家族がたくさんいることを。


岡山の写真展で、実際に多くの写真に接し、レスキューされている方とお話し、よりいっそう感じ取る事が出来ました。



そして改めて、1人でも多くの九州の人たちに知ってほしいと、『南相馬にゃんこはうす写真展』を開催したいと計画を始めました。

写真の展示のみではなく、実際にレスキューされている方々、レスキューに同行された写真家の中川こうじ氏にもお越しいただき、今も救いを待っている命の話を、写真を通して語り合える時間が持てれば、と思っています。




この写真展の開催にあたりまして、私含む3名の発起人で、実行委員会を作りました。
賛同してくださる方の賛同金にて、準備~開催し、写真展開催後の余剰金は、すべて『にゃんこはうす』への支援とさせていただく予定です。写真展開催までの経過や会計報告など、すべてこのブログにて公表しながら、小さな命を救いたいすべての方々と共に、気持ちが繋がっていけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。  

                   2012年9月 小野珠美


※この記事は、写真展当日までのTOP固定になります。この下より、新規記事です。
また、賛同金についてや収支報告、連絡先などは、左のカテゴリーよりお願いします。
イオンでの写真展まで、もう1週間も無いというのに・・・
CA3F0258_20130128004148.jpg
sakuranekoさん、そんなに写真や文字に埋もれてどうしたの~???


だってね~、TAMAさんが、夜な夜な新しいデータを送ってくるのよ・・・





ご、ご、ごめん・・・

ついつい・・・膨大な数のレスキュー班の活動記録を見てると、これもみせたい、こんな様子も知ってほしい、こんな状況が、今もなお変わっていないなんて・・・九州の人には想像もつかない・・・

まずは知らないことを知ることからはじめよう・・・


CA3F0264_20130128004630.jpg

・・・・と、sakuraneko&TAMAのマニアなふたりで、2012年夏以降の写真、た~~~っぷり追加させていただきました。

つぎつぎ『写真のキャプションかいて~!』と、多忙なレスキュー班のお仕事も増やしてごめん。



でも、どうしても少しでも多くの被災地の今を、見てほしい・・・






私たちが目に留めた写真たちには、多くのエピソードもあり、写真の猫達、犬たちにも、沢山のストーリーがあります・・・どうしても読んでほしいブログ記事も、いくつか印刷しています。


プレオープンの会場で説明しきれなかったこと,沢山沢山文字や写真にしました。

そして、この写真展には、レスキュー班のくぅさんが三重県より、たまこさんが神奈川県より、ぽんぽんさんが埼玉県より、そして多紀さんが岩手県よりやってきます。
この土日にも、大雪の中給餌と保護に回った皆・・・くぅさんからは、帰りの新幹線の中からメールがありました。

現場ではタフなレスキュー班ですが・・・写真の前では、しゃべるよりも涙がこぼれちゃうかもしれませんが・・・どうぞ、生の声を・・・今の、極寒の圏内で生きている命たちの叫びを、聞いてみてください。

木曜日深夜より大道具搬入,金曜日一日がかりで設営、土日が終日写真展・・・多くの仲間がスタッフ志願してくれています。

次々支援バザー品のお申し出も受けています。感謝!!





皆で作るにゃんこはうす写真展・・・本番まであと少し!!

つっぱしり中!!



CA3F0252.jpg
では、この写真展でもいくつかエピソードに出てきて、にゃんこはうすカレンダー6月にもでてくる、花梨ちゃんの写真で今日はお別れです。(花梨&ディ&もん太onパパベッド)










2月の写真展本番に向けての,皆様の賛同金を募集しております。

一口1000円で何口でも結構です。写真展開催にお力をお貸しくださった方々のお名前は、賛同者の皆様として、随時更新中です。


にゃんこはうすショッピングカートもご覧ください。よろしくおねがいします。お買い物と一緒に,賛同金も追加して5000円以上にしていただきますと、商品の送料が無料になります。





By TAMA
TAMAicon


5日間にわたる写真展が無事に終了しました。

無事と言っても・・大雪あり、霙ありで、それなりに大変な日もありました。

でも、野外で開く譲渡会に毎回参加している発起人の私達には、寒さなどなにほどのこともありません。屋根と壁があるだけでありがたい・・・そんな人間たちです(笑)

何よりも嬉しいのは、そんな悪天候でも足を運んでくださった方がいた事です。

会場には5日間を通して約200人ほどの方が参加くださいました。

ありがたいことです。

ありがたいことついでに、皆さん、アンケートもしっかりご記入くださいまして・・・その数、166枚!

 参加してくださった年齢は、8歳の小学生さんから70代の人生の先輩方まで・・まさに老若男女の集いです。

参加地域も、遠くは千葉、鹿児島・・と県外からの参加もありました。

写真展をどこでお知りになりましたか?の問いには80人ほどの方が「友人知人から」と答えて下さいました。
多くの方が写真展の声かけをしてくださったんだなあ・・と感謝です。

 感想カードに書かれた皆さんの声は、どれも被災地の動物達の事を憂い、活動するにゃんこはうすのスタッフを応援してくださるものばかりでした。

 そのカードを一枚一枚、読ませていただきながら、私も皆さんから勇気をもらいました。今回の皆様の声については、次回会場のイオンで報告書を出そうと思っています。

 どうぞ、皆様、2月2日、3日、福津市のイオンモール2階ホールでお会いしましょう。


 感謝をこめて~
MISAMISA
 

朝一番で、メンバー佐藤より、ご報告とお礼が書き込まれているのを確認し、今まで5日間留守番させてた犬猫わらわらチームのお世話に明け暮れていました。すみませんちなみに、家の掃除はまだです。廃墟と化しています。犬チーム猫チームの皆様大暴れ。

工房 流木人さんでの写真展プレオープンに、多くの皆様にご協力、ご参加いただき、心から感謝しています。
毎日優しいコメントで、情報を発信してくださった流木人さん本当にお世話になりました。この場所で、プレオープンができたこと、本当にうれしく思います。



5日間、私はずっと2階の写真展示コーナーにいましたので、本当に多くの方と、お話しをすることができました。



にゃんこはうすレスキュー班のみなさんからお借りした写真の7割程度の展示でしたが、飼い主さんからのお手紙や、保護動物リストや、震災の記録をつづったこちらでは手にすることも、目にすることも無い資料も、テーブルに座ってゆっくり読んでいただくことができました。

とても大切なことを考えて、被災地で今も家族を待っている子達や、大切な家族を探し続ける人たち。
そんな方たちの気持ちを受けて、レスキューを続ける人たちのことを、想い考えることができたのではないかと想います。


初日に来てくださった方が、ブログやFBでどんどん感想や案内を載せてくださり、それを見てはじめて知って、駆けつけてくださった方や、また、他の方を誘って、2度3度とご来場くださる方もありました。



IMGP9707_20130121122153.jpg



さて、プレオープンが終わり、いよいよ2月2日~3日のイオンモール福津、イオンホールでの写真展が本番です!!



121226aion.jpg


あと2週間,精一杯準備を進めてまいりますので、引き続き応援お願いします。
写真展には、この週末も大雪の中レスキューを頑張ったにゃんこはうすレスキュー班のメンバーさんや、圏内に同行されて猫達の撮影をされたカメラマンの中川こうじさんも来られ、中川こうじさんの写真集販売とサイン会もあります。


チャリティーバザーも、商品ほとんどなくなってしまいましたが、製作担当の皆様、きっとあとひと頑張りしてくれる・・・はずです。

写真点数も今回の倍近くありますので、ぜひ皆様,お誘い併せの上、ご来場くださいませ!!







最後に、プレオープンに来てくれた可愛いお客さんの写真で,今日はお別れです。
CA3F01160001.jpg
ゴローちゃん、花梨に惚れた???









2月の写真展本番に向けての,皆様の賛同金を募集しております。

一口1000円で何口でも結構です。写真展開催にお力をお貸しくださった方々のお名前は、賛同者の皆様として、随時更新中です。


にゃんこはうすショッピングカートもご覧ください。よろしくおねがいします。お買い物と一緒に,賛同金も追加して5000円以上にしていただきますと、商品の送料が無料になります。





By TAMA
TAMAicon












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。